気付かない後遺障害?

交通事故は、その事故の規模によって、軽い怪我で済むこともあれば、重傷を負うこともあります。それらの『重症』も、完治する症状もあれば、完治しない症状もあります。それが、いわゆる『後遺障害』です。後遺障害は、生活に大きな制限を与えることがあります。しかし、見過ごしてしまうような軽い症状も後遺障害として認められることもあるため、自分が後遺障害を負っていることを気付かずにしばらく過ごしてしまうことがあります。

その危険性は、交通事故を示談で終わらせてしまった場合です。場合によっては、交通事故が起きたとされるその場で、示談書を交わして終わらせてしまうかもしれません。人身事故ではなくて、物損事故として処理されることがあります。最初は混乱しているので、それでも良いかと思ってしまうかもしれません。

しかし、一度結ばれてしまった示談は覆すことが難しく、書面に両者が契約しているならなおさらです。ということは、もし本当は怪我をして、後遺障害を負っていたとしてもその保障が得られないこともあるのです。後遺障害が認められれば等級を与えられることになります。軽い場合はむちうちでも後遺障害に認められます。ですから示談については注意が必要です。

後遺障害と交通事故の相関

私達の生活には危険がつきもの、と言えますがほとんどの危険は、私達が意識して回避することによって、回避することができます。本当に危険なことには近づきませんし、危険を察知してすぐに逃げることができます。そういった場面が必要になることはそうそうありませんが、その必要性については誰もが理解しているかもしれません。しかし、そういった緊急性の伴う、突然の出来事ではなくても、私達が普段行っていることが、危険を招くことがあります。それは一体、どのようなことでしょうか。

皆さんは運転を普段行っておられるでしょうか。きっと行っておられるという方は多いでしょう。運転は自分の車を持ってなくても持っていても、ほぼ社会人の私達にとっては必須と言えるスキルかもしれません。車の運転ができれば、様々な場面でそのスキルを活用することができます。しかし、だからこそ私達は、そこに隠れている『交通事故』のリスクに関して、気付かないうちに無視してしまうことがあります。本来はいつも意識していなければならないのに、それを見過ごしてしまうのです。

交通事故も、その程度によって、車が少し破損しただけで終わるか、それとも重傷を負い、後遺障害などを負ってしまうような結果になるか、それが変わります。後者の場合、今後の生活に著しい制限を受けることがあり、今までと同じ生活は送れないこともあります。それに、保障を得ようとしても、『等級』が認められなければなりません。